妊娠中に便秘薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中は便秘になりやすい傾向があり、妊娠前には便秘と無縁の生活を送っていた人でも妊娠した途端に便秘なることはよくあります。

 

基本的に妊娠中は医師から処方された薬以外は服用することはできないのが普通ですから、市販の便秘薬に関しても妊婦は服用はやめておきましょう。

 

ソファに座る妊婦

市販の便秘薬を使用するとしても、まずは医師に相談の上で行なうことが肝心です。

 

妊娠中に便秘になりやすい要因は、それぞれの時期によっても異なります。

 

妊娠初期にはホルモンの関係から腸の蠕動運動が弱まってしまうため、便秘になりやすくなります。また妊娠中期になると、胎児の成長から腸が圧迫されますので、便が出にくくなってくるのです。

 

さらに妊娠後期には胎児に栄養分や水分を多く必要とするため、水分が不足し便が固くなり出にくくなってくるのです。

 

妊娠期間を通じてずっと便秘に悩まれる方もおられれば、いずれかの時期だけ苦しい思いをする方もおられます。

 

苦しさから早く楽になりたいと思うのが人情ですが、だからと言って便秘を解消するために便秘薬に頼りすぎると、胎児にも影響を与えてしまいます。

 

やはり、まずは食生活や適度な運動を心がけるなど、腸内環境を整えることに注意を向けて便秘解消に取り組んでいきましょう。

 

また薬は医薬品となりますが、医薬品以外の健康食品やサプリメントに関しては特別問題なく摂取することが可能ですから、副作用がないか確認してから摂取するのはよい方法です。

 

特に特定保健食品に関しては安全性も信頼性が高くなりますので、妊婦の便秘解消にも役立ちます。

 

妊娠中に飲める便秘薬はどこで手にはいるの

 

妊娠している最中は、摂取するものに気をつけなければなりません。また、普段よりも体調管理を徹底的に行うようにする必要があります。

 

普段であれば、病気になってしまった際は、薬を服用して治療することが容易ですが、前述の通り妊娠中には服用することができない薬が多数あるのです。

 

女性の場合、日頃から便秘になりやすい人が大勢いますが、便秘薬を日常的に服用している人が妊娠した場合は、特に気をつける必要があります。

 

まずは妊娠している人が服用しても問題ない薬なのか、きちんと医師に確認しておくことが大切です。基本的には、妊婦が便秘になってしまった場合は、食生活を見直したりする形で改善させることになります。

 

ただし、妊婦でも服用することができる便秘薬もあります。日常的に服用しているものは、たいてい妊婦には適していないため、産婦人科の医師に相談して、正しい知識を身につけることが大切です。

 

薬局によっては、妊娠中にも適した便秘薬を取り扱っていることがあります。産婦人科の医師に相談したり、薬局の薬剤師に妊娠中であることを伝えてアドバイスを受けたりするのが有効です。

 

妊娠中に適していない薬を服用してしまうと、赤ちゃんに悪い影響が出る可能性がありますから、安全性がはっきりしているもののみ使用するようにしましょう。

 

妊娠中には食事や運動に気をつける必要があるのは言うまでもありませんが、飲み物についても同じことが癒えます。

 

例えば、妊娠中に避けるべきドリンクとしては、カフェインを多く含むものはご法度とされています。

 

母体が摂取したもののほとんどがへその緒や胎盤を通して赤ちゃんの栄養となることから、赤ちゃんの発育に良くないものは極力避ける事が必要であります。

 

そのため、妊娠中はカフェインの強いコーヒーや紅茶、そして日本茶はできれば避けたほうが良いとされています。

 

しかしながら、コーヒーは気分を落ち着かせ、リラックスさせる効果があるので出来ることなら口にしたい、という妊婦さんもいらっしゃいます。

 

そのような妊婦さんの要望に答えて開発されたのが、ノンカフェインのコーヒーです。

 

たんぽぽから抽出したコーヒーは、風味はそのままでありながらカフェインを含まない飲み物として提唱があります。

 

赤ちゃんの成長を阻害することなく、妊婦さんをリラックスさせることが出来る優れたドリンクです。紅茶の場合も、庭で育てたハーブをそのまま淹れたハーブティーであれば、ノンカフェインなので安心して飲むことができます。

 

利尿作用があるので身体の老廃物を排出できます。

 

妊婦になると、胎児のために、飲むことができる飲み物にも制限がかかってきます。

 

カフェインの摂り過ぎはよくありませんので、コーヒーや紅茶などはノンカフェインのものがお勧めです。また、ハーブティーの種類にも注意が必要です。

 

ハーブには、様々な効果・効能がありますが、種類によっては妊婦に禁止されているものもあります。

 

例えば、カモミールはリラックス効果があることで女性に好まれますが、特に妊娠初期に多量摂取してまうと妊娠合併症の危険が高くなります。

 

ハイビスカスやレモングラス・マリーゴールドは、非妊娠時であれば、食欲不振や生理痛を和らげる効果がありますが、妊娠中は逆に流産を誘発する恐れがあるので、注意が必要です。

 

妊娠中にお勧めできるハーブティーも、もちろんあります。

 

ローズヒップはつわりなどの時期にほどよい酸味が、スッキリとした後味で人気です。栄養成分も高いのがポイントです。

 

ハイビスカスはむくみなどの防止に効果があります。

 

また、ノンカフェインの定番といえるルイボスティーは、不足しがちな栄養をおぎなってくれるので、妊娠中だけではなくダイエットなどをしている女性にもお勧めです。

 

他にも、様々な種類がありますが、一つの飲み物を飲み続けるよりも、色々な種類でバランスよく水分を摂取するようにする必要があります。

妊娠している最中は、摂取するものに気をつけなければなりません。

 

普段の状態であれば、さまざまな飲料を自由に飲んでいてよいのですが、妊娠している時は、赤ちゃんに影響を及ぼさないものに限定する必要があります。

 

たとえば、水道水をそのまま飲むということは、避けた方が望ましいです。浄水器を通した水を飲んだり、市販されているミネラルウォーターを購入したりする方法があります。また、最近では自宅にウォーターサーバーを設置することもできます。

 

食事に関しては、よく注意している妊婦が多いのですが、意外と飲み物には無頓着だという人が目立ちます。

 

しかし、最も大切なのは飲み物の方なのです。

 

日頃、気軽に水道水を飲んでいる人は、そのまま意識せずに飲み続けてしまうものですが、しっかりと考えなければなりません。

 

ウォーターサーバーは、設置する家庭が増えてきたことで、利用しやすくなってきました。業者に問い合わせをして、条件などを確認する必要があります。

 

妊婦になったのを機に、水に対する考え方を改めることが大切です。

 

安全な水を飲むということは、赤ちゃんの健康を考える上でも、自分自身の健康を考える上でも重要な意味を持っているのです。

 

大切な赤ちゃんの宿った妊婦の体はとてもデリケートです。

 

赤ちゃんのためにも体に良いものを食べなくては・・・そんな風に張り切りすぎてしまうと、かえってストレスになって体に悪影響が出てしまうかもしれません。

 

あまり神経質になるのはマイナスなこともあるので、基本的には妊婦自身がおいしいと思えるものを飲むのがよいのです。

 

とかく栄養成分にばかり目が生きがちですが、妊婦本人をリラックスさせる効果のある飲み物は特にお勧めです。

 

体を冷やさないように暖かいハーブティなどは、リラックスタイムにおいしく飲めて体にも良いものです。

 

ただし、できることなら妊娠中は避けたほうがよいハーブもあるので注意が必要です。

 

ラズベリーリーフ、ローズヒップ、カモミール、オレンジピールなどは飲んで大丈夫ですが、セントジョーンズワートや、バレリアン、アンジェリカなどは避けたほうが無難です。

 

またつわりが辛いときの飲み物としてはショウガとレモンと蜂蜜を混ぜ合わせてお湯や炭酸水で割って作るジンジャーエールがお勧めです。

 

すっきりとした味わいでホットでもアイスでも楽しめるので、気分に合わせて選ぶことができます。食欲がないときや気分転換したい時に最適です。

 

2014/05/28 17:52:28 |

妊婦の方にとって、便秘は精神的な不安感を一層増幅させる困った病気ですので、早急な解決を望む方が多いと思います。

 

しかしその時に便秘薬を使って手早くあの僧とするのは考え物です。なぜなら妊娠中の薬の成分はそのまま胎児へと影響するからです。

 

一概に胎児に有害ではないといわれていても、健康な子供として生まれてきてほしいと思う方にとっては、何が入っているかわからない便秘薬を飲むのは決してお勧めできない行為です。

 

そこでとるべき便秘解消の方法としては食生活の改善とツボ押しがありますが、後者のほうが妊婦さんにとって手軽に行えるのでおすすめします。

 

便意にきく手のツボとしてはまず合谷という親指と人差し指の付け根の内側にある部分があります。こちらを親指などで押していただくだけで少しは改善されます。

 

また神門という手のひらを仰向けにしたときに手首の小指側にある骨と筋肉の間にくぼみがあります。こちらを親指で押してみてください。

 

次に足のものとして三陰交があります。足のくるぶしの骨から上に指4本分くらい進むと、脛の横にくぼみがありますので、そこをゆっくりマッサージしてください。

 

足三里というものは膝から指四本分下に下がり、外側にあるふくらみのヘリの部分がこれになります。

 

2014/05/27 17:41:27 |

妊娠している女性は、普段とは異なる形で体調を管理するように努めなければなりません。

 

どうしても食生活が乱れがちになってしまうので、便通を整えることが困難な場合が多くなります。しっかりとした食生活をするように、普段よりも意識を高めなければならないのです。

 

妊娠中は、自由に何でも食べてよいわけではありません。お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼさないことを第一に考えることが必要です。食事の量を減らすようになることが多いため、便秘になってしまう妊婦は多いものです。

 

便秘になりやすい女性は多いですが、普段の状態であれば、便秘薬を服用する方法で症状を和らげることができます。しかし、妊婦の場合は、安易に薬を服用するのは避けなければなりません。

 

摂取するものが胎児にどのような影響を与えるのかを見極めなければならないのです。

 

便秘薬のように、強い効果を得られる薬は、胎児にとって良いものではありません。

 

これらの薬の成分は妊婦の胎盤を通して胎児にも取り込まれていくといわれています。その結果、程度の差はあれ何らかの健康上の影響を与えていると考えられます。

 

ですから、自分の判断で便秘薬を服用することは禁物です。便秘に悩まされるようになってしまったら、きちんと専門の医師に相談して、服用しても問題ないかを確認しなければならないのです。

 

妊婦が生活していく際は、さまざまな点で特別な配慮が必要です。

 

2014/05/25 17:39:25 |

妊娠中、便秘に悩まされる妊婦さんというのは、少なからず存在します。

 

女性が妊娠するとホルモンバランスが変化したり、子宮が大きくなるにつれて周囲の内臓を圧迫し、排泄の妨げになる場合があるからです。

 

また、妊娠中には水分不足に陥りやすくなるため、便が硬くなってうまく排泄されなかったり、ホルモンバランスの影響もあってストレスを感じやすくなることも、辛い便秘を引き起こす要因となります。

 

便秘を解消するには一般的に便秘薬が利用されることが多いですが、妊婦さんが便秘薬に限らず、薬を使う時は注意しなければならないことがあります。

 

6〜11週の妊娠初期に服用すると、薬の副作用により、流産する可能性があるからです。ですので、この期間においては自己判断で薬を服用しないようにしましょう。

 

妊娠中でも服用できる便秘薬となると、できるだけ効果の緩やかなものを選ばれると安心です。

 

酸化マグネシウムは腸に水分を集める作用があり、その力で便を軟らかくし、体外へ排出しやすくします。お腹が痛くなることは殆どありません。

 

他、便秘に効果のある漢方を利用する方法もありますが、巴豆やセンナ、アロエなど、妊婦さんが服用すると危険なものもありますので、医師に相談してから漢方を利用されると安全でしょう。

 

2014/05/24 18:07:24 |

女性にとっての妊娠は、人生にとっての大仕事ですが妊娠中の妊婦では便秘になる方が多いです。

 

妊婦が便秘になってしまい、便秘薬に頼らない対処法として、毎日の食生活の中での配慮を行う事で便秘の解消ができます。

 

便秘薬を使用する事によって、お腹の赤ちゃんにも悪影響がある成分なども入っている場合などもあるので、悪影響な成分の便秘薬を使用する前に事前に便秘にならない食事を気をつけて摂取すると良いです。

 

妊娠初期は個人差もありますが、ホルモンバランスの影響でつわりになりやすいので、食事量が減ってしまい食物繊維や水分が不足しやすくなってきます。

 

また、妊娠後期は胎児が大きく成長している時期のため、腸が圧迫されて便秘になってしまうのも原因の一つです。

 

食事法では納豆などの大豆食品を食べる事と、食物繊維を意識して食事を摂る事が大切で、その他には安定期に入ったら安産灸に加えて便秘のつぼを受けてみるのも良いです。

 

体を温める事も大切で、半身浴や足湯や白湯を飲んだり腹巻タイプの腹帯をするなどして、お腹周りを温めるのも効果的です。

 

朝起きて水を飲むのも効果的で、便を柔らかくするには水分が大切なので、できるだけ常温の水を飲み体を冷やさないようにすると良いです。

2014/05/24 18:03:24 |

妊娠は女性にとっては体に非常に大きな変化をもたらす重大な事です。

 

自身の胎内で新しい生命を育むのですから、母体である母親の体にも、妊娠中には様々な影響や変調が起こります。

 

こうした妊婦が抱える悩みとして、代表的なものの一つが便秘です。

 

便秘の時にはお腹の張りが気になり、肉体的苦しく、また、精神的にもストレスの要因となるため、妊婦にとって決して好ましい物ではなく、また、妊娠中の母体の腸内環境は、胎児に引き継がれる可能性もあるため、何らかの対策をとる必要があります。

 

便秘薬の使用なども一時的には効果のあるものですが、人によってはあまり効果が現れなかったり、そもそも便秘薬は対処療法であるため、腸内環境を改善する方法にはなりません。

 

こうした時は、食事で摂取する食品などを利用して腸内環境を整える事が重要です。

 

腸内環境を整える効果のある食品は様々なものがありますが、その中でもオリゴ糖は、大腸内のビフィズス菌を活性化するはたらきがあり、それにより腸の動きを活発にすることが出来ます。

 

また、これ以外に、オリーブオイルに含まれるオレイン酸にも同様に腸の動きを活性化する作用があるため、オリーブオイルを使用したメニューを取り入れることも有効な方法です。

 

2014/05/24 17:54:24 |

妊娠している最中というのは、体調を整えることが難しくなることが多いです。

 

妊娠する前と同じような食生活をすることはできません。さまざまな点に気をつけながら食事をすることが求められます。食事の量や内容が大きく変化することによって、便秘になってしまうことも多いものです。

 

妊娠していない状態であれば、便秘薬を服用することで、便通を整えていくこともできるのですが、妊娠中の場合は、できるだけ薬に頼らないようにする工夫をしなければなりません。

 

薬を服用することで、さまざまな症状を改善させることができますが、妊娠している最中は、赤ちゃんに影響を及ぼさないように気をつけておく必要があります。

 

薬を服用すると、副作用が発生するリスクを考慮しなければならないのです。自分自身に影響が出るだけなら良いのですが、便秘薬などを服用したことで、赤ちゃんに悪い影響が出てしまうこともあります。

 

妊婦が便秘になってしまった場合は、薬を使用しない方法で症状を解消させるように努めていきます。

 

その場合、食生活を見直すことが大切です。食物繊維が含まれた食品を積極的に摂取することが大切です。妊婦の場合、意識的に食物繊維を摂取する必要があります。